記事一覧

クレジットビジネスに欠かせない個人借用情報機関の役割

クレジットは、大衆に対して規模の利益を追求しなければ成り立たないビジネスです。個人間の貸借のように、一人の個人が目の届く範囲でビジネス展開した場合には、クレジットを欲する多くの人にクレジットを届けることはできません。また、それでは企業体として存続することもできないので、結果的に使いたい人に届けられる規模にはなりません。しかし、クレジットを貸す側の論理で見ると、これはなかなか微妙な問題をはらんでいます。家内商業という言葉があるとして、その視点で見ると、クレジットで先に商品やお金を渡して後から回収することは、身を切るようなリスクと隣り合わせです。

自分のお金がなんらかの原因があって消え去ったとしても、平気な人はいません。そこで貸すにあたっては、返済の見込みがなさそうな場合は貸さないという選択をするようになります。当たり前のことですが、ここは重要なところです。契約自由の原則に基づき、双方の意思が合致すれば、一部の例外はあるもののどんな形式であっても契約は成立します。一部の例外というのは書面交付義務が課せられたクレジットのような取引です。お店で買い物をするときに、レジに商品を持って行ってお金がない場合以外に、断られることはまずありません。

交通機関もお金さえ払えば乗せてもらえないということはありません。取引と同時にないし先立ってお金のやりとりをしている場合には、ほとんど何も取引の成立に際して弊害はないのですが、後払いの場合にはあまりにもいろんな問題が起きます。一番の問題は、先に渡した商品の代金やお金が返済されていないという事態です。他にも、その商品やお金がまったく返済の意思のない人であった場合や、その人の意思に反した申し込みであった場合、さらにそもそも申し込んだ人がいないといった場合があります。いくつかポイントを絞って話を進めることにします。